スカイマークの受付で、嫌な思いをしました。

行きも帰りもスカイマーク

スカイマーク 搭乗手続きをコンビニで / スカイマークの格安航空券予約│国内格安航空券のTMS(ティー・エム・エス)

1年ほど前に、学生時代の友人と北海道旅行を計画した時、航空会社をどこにするかを考えた時、少しでも安い費用に抑えたかったので、行きも帰りもスカイマークを利用することにしました。
スカイマークという名前は知っていたものの、実際に利用したことはなく、初めての利用だったのですが、格安の料金には驚かされました。
他と比較して安いというと、一般的には何か不具合があるのではないかと考えてしまいがちですが、決してそのようなことはなく、飛行中は機内で快適に過ごすことができました。
実際にスカイマークを利用したことがある人たちの口コミを見ると、有名なチョコレート菓子が配布されるという口コミが目立っていて、内心それを楽しみにしていました。
離陸からしばらくすると、待望のチョコレート菓子の配布がありました。
格安料金なのに、そのようなサービスはとても嬉しく感じました。
機内はとても混雑していましたが、友人と私の隣の席はたまたま空席で、ゆったりと過ごすことができたのが幸運でした。
飛行機に乗ってからは満足することが多かったのですが、新千歳空港からの搭乗前の受付での出来事にはがっかりする思いをしてしまいました。
実は友人が、搭乗前に荷物を置き忘れてしまうという出来事が起こっていました。
スカイマークの搭乗口の近くのベンチに荷物を置いたままにして、近くの土産物のお店を見に行ってしまったのですが、荷物を忘れたことに気付いた友人がすぐにベンチに戻ったところ、すでに荷物はなくなっていました。

本当に20分前の受付でも大丈夫だったスカイマークのフライト

フライトを利用するときには余裕を持って飛行場に行くように呼びかけられているでしょう。
私もそれに従っていてどのフライトを利用する場合でも早めの空港への到着を心がけるようにしていました。
国内便を利用して出張に行くことが多く、会社の事務に依頼して毎回チケットを取ってもらっています。
会社のシステムとして不正がないように出張予定から適切なフライトを事務が取り寄せるという仕組みになっているのですが、大抵選ばれるのがスカイマークです。
仕事の都合上、手荷物を預けないとならないケースが多いことから基本的に受託手荷物が料金内に入っている航空会社が選ばれることになり、
その中でも大手航空会社に比べるとサービスを減らして安くしているスカイマークは選択肢になりやすいのです。
各地にフライトがあるので利用しやすいという面もあってほぼ毎回のように利用してきました。

行きのフライトは十分に余裕を持って空港に行くことができるのですが、帰りに関しては搭乗日にも仕事があると必ずしも余裕を持てるわけではありません。
スカイマークの場合には他の多くの航空会社と同様に搭乗手続きの受付は出発時刻の20分前までとなっていますが、さすがにこれには遅れないようにいつも利用していました。
しかし、昨年末に行った札幌出張のときには先方との交渉が難航してしまって搭乗日にもつれこんでしまい、フライトのぎりぎりの時間まで仕事をしていなければなりませんでした。
その日には他にもう便がないという状況だったので必死の思いでタクシーで空港まで行きましたが、道路状況によってはフライトにすら間に合わない可能性もあるという事態が発生してしまったのです。

空港に到着して自動チェックイン機のところに着いたのがほぼ20分前でしたが受付をしてもらうことができました。
その後でカウンターで手荷物を預けて、保安検査場を通過したときには既に5分前になっていましたが、ゲートに急ぐとそのまま乗せてもらえて何事もなくフライトを利用できたのです。

このときにフライトの20分前までに受付を済ませるのが原則というのが、どの手続まで済ませるのかというのがわかっていませんでした。
タクシーの中でスカイマークのホームページで確認してみたところ、ゲートに到着するのが20分前という表示になっていたのでもう間に合わないかもしれないという気持ちになってしまっていました。
しかし、実際にはゲートへの到着ではなくてチェックインの時刻だったのだとこの一件で理解できたのです。
このときのフライトも10分ほど遅れて出発しましたが、スカイマークは遅延が多いとよく言われるでしょう。
もしかすると本当はゲートに20分前が原則だけれど、それよりも後に通したお客も全員乗せているから遅れが生じてしまっているのではないかもしれません。
私のように遅れるか遅れないかの瀬戸際のところで乗れる経験をしてしまうと、次に同じような状況になったときにも助けられるかもしれないと考えるでしょう。
遅れても大丈夫という気持ちを持っている人が利用している影響で遅延が増えている可能性もあるという感じがした一事件でした。

その後は受付時間に間に合わないというような状況になったことはないですが、そんなに早く空港に到着する必要はないのだということがわかって空港で無駄に時間を過ごすことがなくなっています。
相変わらず出張のときにはほとんどがスカイマークでのフライトですが、空港には30分前には着けば良いという考えになりました。
それで受付を済ませて行くとゲートに到着するのが10分前から20分前くらいになるのでスムーズに乗れるということがわかったからです。

行きも帰りもスカイマーク : 受付が良くなかった…